生花保存加工とは

記念に残しておきたいお花を、乾燥剤を用いてお花の水分だけを抜き、色と形を、ありのまま残す技術です。(特殊ドライ加工)

復元ではありませんので、見えない劣化や傷等も残ります。

そうした痛みも想い出のひとつではないでしょうか。

(※傷や茶色くなったもの等痛みは、どんな技術でも直せません。)

 

また、加工後はお花の色味が変わることがあります。

白いお花は黄色っぽく、赤いお花は黒っぽくなります。

(他のお色でも変化はあります。)

著しく違うと判断した場合は着色処理を行いますが(特に赤や白)、加工後のお花は非常に壊れやすくなりますので、リスクは最小限にします。

 

加工後のお花は、空気中の湿気ですぐに萎れてしまいます。

なので、ガラス容器に入れて完全密封することで、10年以上、その美しさを保つことが可能になります。

 

生花加工の作業工程

お花を撮影

加工

取り出し

アレンジ前の準備

アレンジメント、完成



加工後の色味の変化

深紅バラは加工すると、黒っぽくなります。

著色処理をして、シックな赤にします。

白カラーは加工すると、黄色くなります。

著色処理をして、白くします。

加工すると濃くなるものも…。

あまりにイメージが違う場合、可能な範囲で著色処理をします。


ガーベラのお直し