バラによる本数の意味

真っ赤なバラの、本数による意味合いです。


深紅バラの保存加工について

プロポーズの花束の定番、深紅バラ。

真っ赤なバラは、誰もが魅了されることでしょう。

そのままの色が残ればいいのですが…

ドライ加工をすると、どうしても黒っぽくなってしまいます。

 

⇐取り出し直後の状態です。

当アトリエでは、着色処理を行い、少しでも赤みを出すようにしています。 

 

加工前の鮮度や作業時の季節などで、その発色は左右されます。

また、あまりに着色処理をしすぎると、花を傷めてしまうことにもなります。

 

お花の大きさや形、状態も、皆違います。

加工後のお花の状態、そして季節など、様々なことを踏まえた上で、美しくベストな状態になるように処理を行っております。

ひとつひとつ、仕上がりの色味には違いが生じます。